車 売却前 準備

 

必要な5つの書類について

車を売却する前に、数種類の書類を手元に揃えなければなりません。中古車を売却した事実を証明する名義変更手続き。一般的に、名義変更手続きは中古車の新オーナーが進めるため、成約時に相手に引き渡せるよう、所定の書類を揃えておきましょう。

 

・車売却で必須の書類

 

車を売却する前に、必ず揃えておかなければならない書類は以下の通りです。

 

@ 自動車検査証(いわゆる車検証)
A 自賠責保険証明書
B 自動車税納税証明書
C 印鑑登録証明書
D リサイクル券

 

ドライビング中の携帯を義務付けられている、自動車検査証を車のダッシュボードに入れている人は、多いのではないでしょうか。

 

また、自動車税納税証明書は、毎年支払う自動車税の納税を証明する書類です。リサイクル券は、主に新車購入時にリサイクル料金を支払うことで発券されます。自動車税の納税事実とリサイクル料金の支払い事実は、新オーナーにそのまま引き継がれますので、2種類の書類も忘れずに揃えておきましょう。

 

・必要に応じて揃える書類

 

ケースバイケースで必要となる書類も存在しますので、こちらも一緒に確認しておきましょう。

 

@ 住民票
A 戸籍謄本
B 委任状

 

たとえば、自動車検査証に記載されている住所情報、つまり運輸支局に登録されている住所情報と、印鑑証明書に記載されている住所情報が異なる場合には、車を売却する際、住民票が必要となりますので注意しておきましょう。

 

住民票や戸籍謄本の発行には時間がかかりますので、売却時期が差し迫る前に、役所にて発行手続きを済ませてください。

車検証を紛失しても査定を依頼できますか?

車検証を紛失した状態で、車の査定を依頼することはできません。運転時に携帯を義務付けられている車検証ですので、それが無いとなると大問題。まずは再発行手続きを済ませて、新しい車検証を手に入れてから、査定を依頼しましょう。

 

・車検証の再発行手続きについて

 

車検証を再発行してもらうためには、管轄の運輸支局にて手続きを済まさなくてはなりません。ただし、車検証の再発行手続きを運輸支局で行うのは普通車の場合です。軽自動車の場合ですと、軽自動車検査協会にて車検証の再発行手続きが必要ですので、注意しておきましょう。

 

また、他の役所と同じく、月末は場内が混み合いますので、タイミングをずらして足を運ぶことをおすすめします。

 

・車検証の再発行手続きに必要なもの

 

普通車の場合、車検証の再発行手続き時に必要となるものは以下の通り。

 

@ 車検証(破損などにより、車検証が手元に残っている場合には返納が必要)
A 申請書(運輸支局にて入手)
B 理由書(車検証が手元に残っている場合には不要)
C 印鑑(認印が必要)
D 運転免許証(身分証明書として必要)
E 委任状(本人以外の代理人が手続きをする場合に必要)
F 手数料納付書(運輸支局にて入手)

 

用意できる書類を一通り揃えた上で、残りは運輸支局にて入手して、車検証の再発行手続きを済ませましょう。一般的に、中古車の相場価格は、日に日に下がっていきますので、なるべく早めに新しい車検証を入手して、売却へと着手することをおすすめします。