修復歴 黙って 車買取り 査定

 

車の傷やへこみは査定に影響しますか?

結論から言うと、車のボディーに傷やへこみがある場合には、
少なからず査定に影響を与えます。

 

 

ただ、思っているほど低評価とはならないため、
落胆する必要は全くありません。

 

 

たとえば、車買取り専門店に査定を依頼したとしましょう。
ボディーに傷やへこみのある中古車を持ち込んだ場合、
相手方業者は、修理費用を考慮した上で査定額を割り出すはずです。

 

 

ここまでの話だけですと、「やっぱり修理した方が良いんだ!」」と思われる
はずですが、話にはまだ続きがあります。

 

 

車買取り専門店は、関係各所と連携して、コストカットを徹底させています。

 

 

ここで言う関係各所には、車の修理工場も含まれるでしょう。
大量発注優先発注を条件に、コストカットをお願いしているはずですので、
一般の人に必要とされる修理費用よりも、かなり安くなっているでしょう。

 

 

修理費用のカットに成功している業者の場合には、
ボディーに傷やへこみのある車であっても、
大きく評価を下げることはありません。

 

 

 

仮に、相手が提示した査定額に納得できなければ、
売却まで話を進めなければ良いだけのことですので、
売り手に有利な状況と考えられますね。

 

 

今回の話をまとめると、ボディーに傷やへこみが存在していても、
基本的には、そのままの状態で査定してもらった方が良い。
ということになります。

 

 

悩んでいるうちにも、各車種の相場は下落していきますので、
早めに手をうっておきましょうね。

修復歴の事実を黙って査定を受けるとどうなるの?

車査定では、車体コンディションによって、金額の高低が変わってきますよね。

 

 

もちろん、新品に近いコンディションの方が、
金額が高くなるはずです。

 

 

仮に、修復歴があれば大幅な減額となることでしょう。

 

 

だからと言って、事実を黙っていて良い理由にはなりません。
事実を黙っていると後で痛い目に会うはずですので、正直に申告してくださいね。

 

 

 

・修復歴について

 

念のために説明しておくと、車の骨組み部分を修理した場合には、
「修復歴あり」となります。

 

 

よって、ボディーの傷やへこみを修理した程度であれば、
査定に大きな影響を与えるとは考えにくいです。

 

 

・いずれはばれる

 

仮に、業者に査定を依頼した結果、修復歴の事実がばれなかったとします。
相手が買取り業者ですと、買い付けられた車は、
すぐにでも中古車オークションに出品されるでしょう。

 

 

もちろん、そこでも査定が行われ、車のコンディションを判断されます。

 

 

結局、どこかの段階で事実が明るみに出るわけで、
関わった業者が多くなるほど、事態が深刻化するでしょう。

 

 

 

・事実が明るみになるとどうなるのか

 

契約にサインする時は、書類の中身をきちんと確認していますか?
買取り業者との契約では、修復歴についても必ず触れられているはず。

 

 

仮に、相手が事実を見抜けなかったとしても、
その事実を中古車の売主が知っていた場合には、
後から契約を解除される可能性があります。

 

 

余計なトラブルを自ら引き起こすようなことは、やらない方が良いですね。

 

 

 ざっくりとした買取り価格を直ぐに知りたいあなたは、こちら