消費税増税 車 購入

 

消費税が5%から8%へ増税(>o<")

皆さんご存知かと思いますが、2014年4月より消費税が5%から8%へ増税されることになりました。

 

 

費税増税による値上げを懸念し、様々な高額商品の購入需要が高まっています。その代表例として、車を購入したいと思う方が今急増しています。

 

 

車にこれから乗り始める人、車を乗り換えようと思っていた人が 乗りたいと思っていた車を購入しようとしているのです。

 

 

しかし、必ずしも増税前に車を購入することが、増税後に買うよりもお得になるとは限らないという意見もあります。 

 

 

駆け込み需要が増えるとき、企業にとって合理的な行動は、増税後に打った方が得であろう商品ではなく、在庫ぎみの商品を率先して販売していくことです。

 

 

しかし、すべての在庫を売り切れるというケースはそれほどなく、余った車は新古品として、増税後も増税前同様あるいはそれ以上に値下げして販売されることになります。

 

 

これはあくまで可能性ですが、今までの増税や補助金など、政府による良い景気刺激、悪い景気刺激の結果、上記のようなケースが実勢に起きているので、今回も起こりうるのではないかという方もいます。

 

 

とはいえ、結局どうなるかは結果がでるまで誰にも予測がつかないですし、あまり多少の損得は気にせずに、ちょうど車を買い替えたいと思っている人もいたはずです。

 

 

なので、駆け込み需要に乗っかって車を購入する方が注意すべき項目も言及します。それは、車の適用税率が陸運局の登録認可月で決まるということです。

 

 

よって、ナンバーが発行される日が4月以降になってしまった場合、適用税率が8%となってしまいます。よく誤解をしている方がいますので、購入時期、納車時期に気をつけましょう。

 

 

消費税が今後10%の大台に乗ってくることは十分にありえます。

 

そのときにも同様のケースが起こるかもしれませんので、車の金額が増税後と前でどのように変化するか、しっかり記録しておくことをお薦めします。

 

 

 あなたの車の買取査定額を知りたい方は、こちら