車検 近い 切れてた 売却

 

車検が迫った車は売却にどんな影響があるの?

次の車検までの残り期間が長い方が、車査定ではプラスに影響します。このことは、中古車を買う側になって考えれば、簡単に理解できるはずです。車検期間が残り僅の車よりも、ある程度残存期間が残っている車の方が、お買い得と感じられるのではないでしょうか。

 

ただし、車検が迫った車にはお買い得感はありませんが、走行に問題がなければ、十分に売却できるチャンスがあります。

 

・車検が迫った車はすぐに売却

 

車検のタイミングで車の売却を考える人は多いものです。このような人達は損をしているのでしょうか?それとも得をしているのでしょうか?

 

車検にかかる費用はかなり高額で、税金や自動車損害賠償責任保険に支払う料金を含めると、10万〜15万円程度です。仮に、車検に通してから車査定を受ける場合、車検にかかった費用を取り返すだけの、プラス評価とはならないのが現実。車検が迫った車は、すぐにでも売却することをおすすめします。

 

・車検の残存期間より重要なポイント

 

車査定では、走行距離、年式、車種情報を重要視しています。また、中古車相場は刻々と変化しており、一般的に、売るタイミングが遅くなると、その分相場が下がってしまいます。車検を通すまでにある程度の時間が必要なことや、高額な費用のことを考えると、車体コンディションが良好なうちに、できるだけ早く売却に踏み切った方が良いのです。

 

車検が迫っていて悩まれている方は、すぐにでも売却方法を模索してみましょう。

車検切れの車は売却は可能?

車検切れの車でも売却することが十分可能です。しかし、車検期間が残っている車を売却するケースと比較して、多くの費用がかかってしまいます。

 

・車検切れの車を売却するための費用について

 

実際に車を売却する前に、まずは現物を見てもらわなければなりません。車検切れの車ですと公道を走ることができませんので、店舗での査定の実施は難しいでしょう。となると、出張査定を依頼して、自宅まで車を見に来てもらう必要があります。業者によって、出張査定が無料か有料か分かれますので、事前にきちんと確認しておいてください。

 

また、いざ売却を決心して車を引き渡す段階でも、出張査定時と同様に余計な費用がかかります。もちろん、車検切れの車で公道を走ることは許されませんので、臨時手段として仮ナンバーを取得してもらうか、積載車を手配してもらう必要があるでしょう。

 

車検切れの車を売却する場合には、査定額が低くなるだけでなく、余計な費用の支払いを受け入れなければならないのです。

 

・車検切れの車でも車検に通さず売却するのが賢い選択

 

車検切れの車を売却するための費用を考慮して、売却のタイミングを先延ばしにしようとする方がいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。車検を通すためには、税金などの支払いも含めて10万円前後の費用がかかるはずです。しかし、元を取るだけのプラス査定には結びつかないのが現状ですので、すぐに売った方が賢いでしょう。