車検 通す 通さない 車

 

車検を通さないで売る方が損しない売り方です!!

これまで自分が乗っていた自動車を中古車として売る際には
幾つか迷う選択肢がありますが、

 

 

その一つが中古車を売る時に車検を通すべきか、
もしくは車検を通さないで売却するかということが挙げられます。

 

 

自分の車の車検の残りが少なくなってきた場合には、
まず新しい車を購入するか、
それとも売却をするかということに悩むことになります。

 

 

そこで、実際に車の買い取りをしてもらう時に
車検の有る無しで価格が変わってくるのかも気になるところですが、

 

 

査定に際して車検が残り数ヶ月で切れてしまう車と
新たに車検を通した車での査定金額では、
それほど査定金額の差異がありません。

 

 

仮に新たに車検を通して査定に出したとしても、
その分の費用が査定金額に上乗せされるということは
基本的にはないと考えておくべきでしょう。

 

 

その理由としては、ディーラーや車買取専門店が
車検を通す場合においては車検費用が原価になることに起因しています。

 

 

ディーラーや車買取専門店ならではの
安いコストで車検を通すことができるため、

 

 

個人で車検分の費用を負担して

 

車検を通したところで査定額を上乗せすることがないというわけです。 

 

つまり、わざわざ査定額をアップさせることを狙って車検を通すのであれば、
車検を通さないでそのまま売却してしまうか、

 

 

もしくは車検を通してそのまま自分の車として
乗り続けることが最も有効な選択肢ということになるでしょう。

 

 

実際に自分の車を中古車として売る場合には、
このような知識がないとどうしても
車検なしの車の場合には買い叩かれてしまいがちです。

 

 

車の売却に際しては、車検が切れる寸前に
売却することが一番良いのですが、
常にタイミング良くというわけにはいきません。

 

 

従って、
車検に関してのことを頭に入れながら売却したくなったら
なるべく早く査定することが最も有効な手段であることは間違いありません。

 

 

私が、利用したカービューの詳細を見てみる