中古車 下取り 買取り

 

下取りと買取りではどっちを利用した方が良いの?

答えはケースバイケースです。車の売却で利用される下取りと買取り。一般的に、下取りですと新車ディーラーに、買取りですと買取り専門業者に車を売却することになります。2種類の売却方法ではコンセプトが異なるため、必要に応じて使いわけなければなりません。

 

・下取りの良い所悪いところ

 

基本中の基本ではありますが、乗り換えるための車を購入しないと、下取りを利用することはできません。
自動車製造メーカー系列の販売店、つまりディーラーにて下取りを利用すると、契約手続きを一箇所で一体となって済ませられますので、時間および手間をかけずに済ませられます。

 

ただし、下取り査定を実施するのは、基本的にディーラーの販売員ですので、目利きができず無難な金額を提示されることになるでしょう。走行距離と年式、それから車種情報を重視する点は買取りと似ていますが、車種の人気はそれほど重視していないため、希望金額に到達しない可能性が高いです。

 

・買取りの良いところ悪いところ

 

買取り専門業者が実施する買取り。利用する一番の目的は、高く買ってもらえるところにあるでしょう。買取り専門業者は、車種毎の市場人気を十分に踏まえて、査定額を割り出しています。人気の高い車種ほど高値で売却できるところは、買取りならではです。

 

もちろん、買取りよりも下取りを選んだ方が良いシーンもあるでしょう。買取り専門業者の買取りを利用する場合には、車引き渡しのための猶予時間が限られるため、乗り換える車の納車日が遠いと、生活に支障を来すことになります。それに対して、ディーラーの下取りを利用する場合には、納車日まで旧車の引き渡しを猶予してもらえるでしょう。

 

ただし、買取り専門業者の中には、代車貸し出しサービスを実施しているところも存在します。こちらのサービスを利用すれば、乗り換える車の納車日が遠い場合にも、問題なく買取りを利用できるはずです。

買取りのメカニズムはどうなってるの?

一般的に、買取りにより買い付けられた車は、業者のみで行われる中古車オークションに出品されます。その後新たな買主が、自社の店頭で買い付けた車を売っているのです。ただし、買取りを実施している業者の形態により、買い付けた車の売り方が少々異なるため、この機会に確認しておきましょう。

 

・買取り専門業者による買取り

 

買取りに特化した業者ですと、買い付けた車をすぐに中古車オークションに流します。買取り値に自社の利益分約20万円前後を上乗せして出品しています。

 

・買取りと販売を一体となって行う業者の買取り

 

このような業者は、買い付けた車をまずは自社の店頭に並べて売却を試みます。しかし、1週間程度売れ残る場合には、やはり中古車オークションに出品して、売りさばこうとするはずです。

 

・中古車ディーラーによる買取り

 

ディーラーといえば下取り。このような考え方は古く、現在は、中古車ディーラーでも買取りを実施しています。一般的に、中古車ディーラーによる買取りでも、買い付けた車を一度店頭に並べます。そこで売れなければ、買取り車を中古車オークションに出品して、売れ残りを回避しようとするはずです。

 

ちなみに、以前ですと、中古車オークション会場には、海外の買い付け業者の立ち入りが制限されていました。しかし、規制緩和により現在は、海外の買い付け業者は、オークション会場に集まる業者の3割を占めるまでになっています。