スカイライン

 

スカイラインを売るときの価格相場表


リアルタイム売却価格を調べたい方は、こちらをご活用ください。

 

メールで売却見積もり価格が届きます!

 

査定時期 年式 グレード 走行距離 最高査定額
2012年 平成12年式 2.0GT 40000q 15万円
2011年 平成12年式 GTスペシャルエディション(セダンAT2.0) 80000q 5万円
2010年 平成12年式 GTターボX 120000q 60万円
2012年 平成13年式 250GT(AT2.5) 70000q 2万円
2012年 平成13年式 300GT Pコレクション(AT3.0) 150000q 8万円
2011年 平成13年式 300GT(AT3.0) 55000q 25万円
2011年 平成14年式 25GT(セダン AT2.5) 130000q 15万円
2010年 平成14年式 250GT 45000q 20万円
2010年 平成14年式 2.5GT 130000q 13万円
2012年 平成15年式 250GT(AT2.5) 30000q 16万円
2011年 平成15年式 300GT 25000q 48万円
2010年 平成15年式 300GT プレミアム 35000q 50万円
2012年 平成16年式 250GTm(AT2.5) 20000q 8万円
2011年 平成16年式 250GT(AT2.5) 90000q 26万円
2011年 平成16年式 350GT プレミアム(AT3.5) 65000q 50万円
2011年 平成18年式 350GT タイプSP(AT3.5) 30000q 160万円
2011年 平成18年式 250GT タイプA(AT2.5) 50000q 136万円
2012年 平成19年式 タイプS 20000q 120万円
2010年 平成19年式 タイプSP 35000q 280万円
2010年 平成19年式 250GT 5000q 162万円
2010年 平成20年式 250GT 5000q 232万円
2010年 平成20年式 350GT タイプS 20000q 169万円
2010年 平成20年式 370GT タイプSP 5000q 260万円
2012年 平成22年式 250GT(AT2.5) 5000q 1万円
2011年 平成23年式 350GT-8(CVT3.5) 60000q 10万円

※みんカラより引用 URL:http://kaitori.carview.co.jp/souba/

カービューの一括査定を利用して、最高額を引き出す!

あなたの車を高く買取ってもらう秘訣は、ズバリ!業者の力量です。

 

ここで言う力量とは、 「独自売却ルートの確立」と「売却スピード」の2つになります。どういうことかと言いますと、、、

 

 

買取り価格差は、販売ルートに強く影響を受ける事実!

 

古い車を売って、70%以上の人が5万円以上の価格差を体感!

年式の古い車、故障車は、日本では需要があまりありません。カービューは、独自海外ルートを使って高値で売るから、買取額も高くなります!

 

新しい車を売って、20万円以上の価格差を体感!

カービューと他社買取り業者を利用して、20万円以上の買取り価格に差が出たことがあります。新しい車は、ユーザーへの直接販売、オークションを利用して売却するだけでなく、1日でも早くスピーディーに売却するシステムを構築しているので高値買取りが可能!

 

他社と比較して平均して10万円の価格差!

業者の在庫状況により、買取り額が変わります。つまり、査定をお願いする業者が多いほど高く売れる可能性が高くなるということです。

 

 

これまでに300万人以上の方がカービューを利用して、10万円の買取り差を体感しています!

 

このデータを見て、他社買取りサービスより、売却ルートが優れていることが分かるだけでなく、カービューを使用しないと損をしてしまう可能性があることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

入力も簡単数分で完了!最大8社への見積もり依頼が可能です!

 

無料で手軽に利用できますので、まずはあなたのお車がどれくらいの価格で売れるのかを確認してみましょう!

 

矢印 今すぐ、スカイラインの買取価格を知りたい方は、コチラ

日産 スカイラインの基本情報

日産が発売しているスカイラインは伝統的なスポーツセダンで、長年に渡り人気のあるモデルです。全車V6気筒DOHCとなっており、2.5L車はVQ25HRエンジンを搭載、3.7L車はVQ37VHRエンジン&VVELを搭載しています。

 

VQエンジンシリーズの最新型であるVQ37VHRエンジンはVVELと組み合わせることで素早いレスポンス、パワー、クリーンな排気、燃費の改良を実現しており、「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を実現しています。また、マニュアルモード付きフルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッションは、スムーズな加速を実現し高速時でも静粛性を維持することが可能となっています。

 

プラットフォームも新世代FR-Lプラットフォームを採用しており、剛性を向上させるとともに、路面での安定感、低重心化を実現し、高速でも安定した走行が実現可能となっています。2013年4月30日までの期間限定受注車として、スカイライン55周年記念モデル55th Limitedが発売されていますが、555台を完売すると期間内でも終了となっています。