状態 車 買取

 

車の鍵を紛失した状態で査定は可能?

車を売却する前の、査定の実施を考えている場合には、
注意しなければならないことが沢山あるはず。

 

 

購入時にあったものがない場合には、
少なからず査定額に影響を与えます。

 

 

車の鍵がないと、もちろんマイナス評価に繋がりますが、
その前にドアの開錠について考えなくてはい
けませんよね。

 

 

スペアキーも見当たらずドアを開錠できなければ、
エンジンの始動も不可能。
となれば、査定を引き受けてもらうこともできません。

 

まずは、代わりの鍵をつくるところからはじめましょう。

 

 

・スマートキーやキーレスエントリーを紛失

 

常時使う鍵を紛失した場合でも、スペアキーがあればドアの開錠が可能です。
もちろん、査定も可能になるはずですが、
金額がダウンすることは覚悟しておいてくださいね。

 

 

仮に、スマートキーやキーレスエントリーを紛失した場合には、
大きく減額されるはずです。

 

 

特殊な鍵に関しては、販売元に問い合わせてつくってもらうしか方法がありませんの
で、かかる費用分を減額されるでしょう。

 

 

・スペアキーを紛失

 

スペアキー、あるいはリモコンが装備されていない複製の容易な鍵の場合ですと、
わざわざ販売元に問い合わせて発注をかける必要はありませんよね。

 

 

スマートキーやキーレスエントリーと比較して、
複製のための費用が安いため、それほど大した減額にはならないでしょう。

 

 

紛失した鍵の種類によって減額される金額が異なりますので、
注意しておいてくださいね。

カスタムカーなら査定額に期待できる?

自分好みのパーツを取り付けて、手塩にかけてつくりあげたカスタムカー。
売却するからには、なるべく高く買ってもらいたいものですよね。

 

 

残念ながら、カスタムカーは、基本的には査定額のアップに繋がりません。
むしろ、金額ダウンに繋がる可能性の方が高い、というのが現状なのです。
もちろん、例外も存在しますので、ご一緒に確認しておきましょう。

 

 

・査定額ダウンのケース

 

たとえば、「ノーマル状態の車」と「趣向を凝らした改造車」の
2台が並んでいる場合には、どちらの方が売れる可能性が高いでしょうか?

 

 

やはり、ノーマル状態の車の方が売れる可能性が高いはずですよね。
人の好みはそれぞれ違いますから、誰かの好みに特化された車だと、
どうしても需要が落ちてしまいます。

 

 

「売れるかどうか分からない車に、高額な査定額をつけられるのか?」と聞かれれば、
答えはNO。

 

 

むしろ、売れる見込みが薄いために、安く買い叩こうとするはずです。

 

 

・査定額がアップするケース

 

カスタムカーの査定基準は、「いかにかっこいいか」ではありません。
査定士が重視しているポイントは、「純正品である」というところ。

 

 

純正品のオプションパーツでまとめたカスタムカーには、
比較的多くの需要が集まるからですね。

 

 

また、レアな車を求める人は、
高い金額を支払ってでも欲しい車を手に入れようとするでしょう。

 

 

「売れる可能性がそこそこで、売れればかなりの儲けになる」、
そう査定士に感じられているのが、純正品でまとめたカスタムカーなのです。

10年以上の多走行車は買取り可能?

車を売却する上で悩みの種が車体状況。
査定項目に挙げられるポイントはいくつかありますが、
中でも走行距離情報は、査定額に決定的な影響を及ぼしますよね。

 

 

一昔前であれば、車の品質上、「10年以上の多走行車になると売れない」、
と言われていました。

 

 

しかし、今は事情が違っており、
走行距離10年を超える多走行車でも、売れる可能性が広がってきています。

 

 

その要因のひとつが、中古車の海外輸出を手がける買取り業者。

 

 

以前ですと、日本国内で買取られた車は、
同じく日本の中古車市場で流通させるのが基本でした。

 

 

ただ、国内の中古車市場の規模はたかが知れていますよね。

 

 

しっかりと将来を見据えていた業者は、
海外の中古車需要に目を向けて、その市場拡大に貢献してきました。

 

 

 

中古車の輸出を手がける買取り業者の今のメインターゲットは、東南アジア市場。

 

 

東南アジアへ旅行の際日本車を見かける機会が、今後ますます増えるでしょう。

 

 

話しが少々逸れてしまいましたが、
これまでをまとめると、走行距離10万キロを超えた多走行車でも、
中古車の海外輸出を手がける業者に買取りをお願いすれば、
売却できる可能性が高くなります。

 

 

海外では、中古車であっても日本車の人気が衰えませんが、
日本車のもつ高い品質に惚れ込んでのことでしょう。

 

 

多走行車の売却となると、諦めの気持ちが先行してしまいがちですが、
根気強く相手を探せば、きっと買い手が見つかるはずです。

2台以上の車の査定を1回で済ませることは可能?

答えはYESです。

 

査定対象となる車が大量に存在する場合でも、
相手は快く引き受けてくれるでしょう。

 

 

こういったシーンが想定されるのは、たとえば、海外移住を決断して、
個人所有の車をまとめて手放さなければいけない時。

 

 

また、法人が所有する商用車を、
一度にまとめて処分しなければならない時ですね。

 

 

ただし、1台の車を査定してもらう時とは違った注意点がありますので、
事前に確認しておきましょう。

 

 

・所要時間について

 

1台の車を見てもらう場合には、所要時間は20分前後。
それが、大量の車の場合にはどうなるでしょうか?

 

 

そのような場合には、査定に何時間もかかるはずですので、
業者に依頼する際は、「どれ位時間がかかるのか?」、
忘れずに聞いておきましょうね。

 

 

・出張査定について

 

1人の人間で、何台もの車を店舗に持ち込む場合には、
時間も労力も大変かかります。

 

 

そこで利用したいのが出張査定。
依頼者の指定する場所まで業者が出張してくれるため、
わざわざお店に車を持ち込む必要がありません。

 

 

しかし、利用する際はひとつだけ注意点があります。
一般的に、店舗に車を持ち込む場合には、無料で査定してくれるところがほとんど。

 

 

しかし、業者に出張してもらら場合には、有料査定となる可能性があります。

 

 

「出張料金が発生するのか」事前に確認しておきましょうね。

 

 

・売却決断後の運搬について

 

売却決断後の運搬費用についても、しっかりと確認が必要です。
運搬車を利用するケースでは、費用がかかることが予想されるため、
「一体費用がいくらになるのか?」、忘れずに聞いておいてくださいね。

 

 ざっくりとした買取り価格を直ぐに知りたいあなたは、こちら