事故車 バッテリー 買取り

 

事故車の買取りは可能ですか?

業者の選択を見誤らなければ、事故車であっても買取りが可能です。

 

 

というのも、相手方業者の業務形態によって、売却できるかどうかが分かれるのです。

 

 

話は変わりますが、事故車の定義をしっかりと理解されているでしょうか?

 

 

場合によっては、事故車と呼ばれるほど大けがを負った車でない可能性があり、
今抱えている不安を解消できるかもしれませんよ。

 

 

・事故車の定義

 

そもそも、事故車というのは俗称で、車業界では修復歴車と呼ぶのが正解。

 

 

修復歴車つまり事故車は、「フレーム構造部に手を加えて修理を施された過去を持つ車」、と言い換えることができます。

 

 

人間で考えると、「骨折して完治した状態」といったところ。

 

 

ですから、「ボディーにキズができてしまって、目立たないように手直しした」、
といった程度の車であれば、事故車扱いされないのです。

 

 

そのような車であれば、どの業者に持ち込まれても、
ある程度の買取り値を期待できるでしょう。

 

 

・事故車の買取りを手がける業者とは

 

一般的に、事故車には、正常な状態の車が持つ価値の、
半分程度の価値しかないと言われています。

 

 

よって、売却値の高低よりも、買取りの可否が重要な問題となるでしょう。

 

 

たとえば、街で良く見かける、大手買取り専門店に事故車を持ち込んだとします。

 

 

すると、ダメージの大きさによっては、売却を断られるかもしれません。

 

 

しかし、業界は広いもので、事故車の買取りを専門に手がける業者も存在しており、
こちらに売り込めば、売却を成功させる可能性が一気に高まるでしょう。

 

 

「何故売れるのか??」

 

 

疑問に思うところですが、このような業者では、
引き取った車をバラバラの状態にして、

 

 

ひとつひとつの部品を各販売ルートに流すといった方法で、
収益を生み出しているのです。

 

 

事故車の買取りを考える場合には、
業者選びが最重要ポイントであることを、憶えておいてくださいね。

バッテリーの上がった車は買取りしてもらえるの?

バッテリーが上がってしまった車でも、基本的には買取りOKです。

 

 

とは言え、このような状況ならではの、
注意しておかなければならない点が存在しますので、この際に確認しておきましょう。

 

 

 

・依頼は出張査定で!

 

バッテリーが上がった状態ですと、
車を自分で動かして店舗に運ぶことが困難ですよね。

 

 

そうなると、業者のサービスのひとつである、
出張査定をお願いする必要があります。

 

 

一般的に、店舗で車を見てもらう場合には、
無料で実施してくれるケースが多いです。

 

 

しかし、出張査定ですと、交通費や人件費が余計にかかるため、
有料で引き受けるケースが少なくありません。

 

 

実際に依頼する前に、料金について確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

・事前に報告

 

出張査定を依頼する際は、売る予定の車が、
バッテリーが上がっている状態であることを報告しておきましょう。

 

 

そうすれば、復旧に必要となる機器を持ってきてもらって、
すぐにでも査定に移れます。

 

 

 

・安く買い叩かれないようにする

 

バッテリーが上がった状態でも、比較的簡単に正常な状態に戻せます。

 

 

ただ、無知なユーザーの不安を煽って、
安く買い叩こうとする業者が存在することも、同時に憶えておきましょうね。

 

 

「長期間こんな状態だったら、どこかに不具合があるかもしれませんね〜」

 

 

なんて言いながら、低額査定を突き付けてくるかもしれませんよ。

 

あまりにも提示された金額が低いと感じたら、他所に売却を依頼した方が良いでしょう。

 

 

 ざっくりとした買取り価格を直ぐに知りたいあなたは、こちら