廃車 自動車税 重量税 税金還付

 

自動車税・重量税の税金還付を受ける

自動車を車検に出したとき、あるいは新規で登録したときには、
重量税は基本的に2年分・新規登録の時は3年分をまとめて支払います。

 

 

ですからもしも次の車検を受ける前に当該車を廃車にした場合は、
車検が切れるまで、重量税の過払い、という状態になります。

 

 

この過払い分、申請すれば税金還付されることをご存知でしたか?

 

 

自動車重量税還付制度といい、
登録を受けた廃車の引き取り業者が適正に行った
廃車手続きにのみ還付金は支払われます。

 

 

自動車重量税は自動車の重量によって金額が異なりますし、
エコカー減免が適用になればさらに金額に変動が生じますから、

 

 

詳しい金額については専用サイトを利用すると判り易いでしょう。
また同様に自動車税についても税金還付が受けられます。

 

 

自動車税は毎年4月1日の時点で登録されている自動車全てに課せられますが、
この税金を支払った後に廃車を行った場合などは、
残った期間に応じた税金が還付されるのです。

 

 

自動車税については、廃車手続きの完了後に
都道府県の担当事務所から通知が届きますので、
指示通りの手続きを行うようにします。

 

 

重量税、自動車税いずれの場合にしても注意すべき点は、
目的の車の解体を行う業者の選定です。

 

 

2002年に制定されたリサイクル法により、
廃車に関する解体は都道府県知事または
市の登録を受けた引き取り業者しか行えなくなりました。

 

 

未登録の業者が行った場合は不法投棄とみなされ、
廃車に伴う証明書の発行が出来なくなってしまいます。

 

 

そうなると重量税の還付が行われなくなるばかりか
毎年ユーザーの元へ廃車したはずの車の
重量税の請求が届くようになってしまうのです。

 

 

このような事態を避けるためにも、
くれぐれも業者選びは慎重に選ぶ必要があります。

 

 

そんな安心して利用できるサービスは、
利用者実績200万人以上ある老舗企業の「カービュー」です。

 

 

私はカービューを利用して、車検が切れて廃車する予定の車を、
3万円で買い取りしてもらった経験があります!車検が切れていなければ、還付金の上乗せもアリですね!

 

私も利用した経験があるカービューの詳細は、こちら