車 高く 売りたい

 

走行距離と年式の関係

 

 

車の査定額を決める項目は、走行距離、年式、車種、エンジンなどの状態、綺麗さなど沢山あります。この中でも走行距離、年式が査定額に大きく影響してきます。走行距離が短く、年式も新しければ、高値の査定が期待できますが、買取業者により査定額は、変わります。

 

一方、走行距離が長く、年式が古い場合でも、価値がないわけではありません。ここには、車種、状態、人気度など多くの項目が影響してきますので、お願いするべきところにお願いすれば、思わぬ高値で買い取ってくれることもあります。

あなたの車は、どのタイプ?

A.走行距離10万キロ以上 年式10年以上

走行距離が長く、年式も古い車は、あまり価値が無いと言われていますが、車種や車の状態によって、予想以上の査定額が提示されることもあります。

Aタイプの車を所有しているあなたは、コチラ

 

B.走行距離10万キロ以下 年式10年以下

走行距離が短く、年式も新しい車の売り方は、いくつかの業者へ見積もりをお願いする方法が、一番高値で売れます。大手買取業者だけでなく、地元のカーショップまで網羅している見積もりサービスがベストです。

 

Bタイプの車を所有しているあなたは、コチラ

 

C.走行距離10万キロ前後 年式10年前後

Cタイプは、比較的見積もり価格に差が出やすいと言われています。車種や車の状態によっては、廃車を進めてくる業者もありますし、予想を上回る金額で買取したい!という業者もでてきます。

 

Cタイプの車を所有しているあなたは、コチラ

自動車を高く売る方法について

近年、愛車を売却しようと考える自動車のオーナーが増加しているといわれています。その理由として、景気が上向いてきたことによって企業の業績が回復したため賃金が増えていることや、エコカー減税の導入によって自動車重量税や自動車取得税が減額されていることなどが挙げられます。

 

そこで、自動車を高く売る方法については誰しもが気になることのひとつとなっています。

 

車を売却する方法としては、カーディーラーに下取りに出す方法と中古車買取業者に売却をする方法の2つが一般的です。

 

前者の場合は新車を購入した時のカーディーラーに車を持ち込んで買い取ってもらうものであり、場合によっては新車の購入の際に通常価格から値引きを行ってもらうことができたり、様々なオプションを無料でサービスしてくれることもあります。

 

しかし、肝心な下取り価格については安くなってしまう傾向にあり、まとまったお金が欲しいといったオーナーには不向きであるといわれています。

 

最近のカーディーラーの中には中古車販売にも力を入れているところがあり、そのようなところでは比較的高値が付きやすくはありますが、多くの場合オーナーの期待を大きく裏切るような下取り額となるといわれています

 

。一方、後者の場合は街中にある中古車買取業者に車を持ち込んで査定をしてもらったうえで売却契約を結ぶといった方法であり、この方法では下取りに出した場合よりも高値が付きやすいことが多くあります。

 

ただし、自動車を購入したカーディーラーとの付き合いが疎遠になってしまうこともあるため、カーディーラーから新車を購入しようと考えている人にとっては向きません。

 

しかし、最近は多くの人がカーディーラーとの付き合いをあまり重視しなくなってきており、できる限り高く買い取ってもらうことのできる中古車買取業者に人気が集中しています。

 

最近では中古車買取業者の公式ウェブサイト上で簡易査定を行ってもらうことができるため、自宅に居ながら複数の中古車買取業者の査定額を比較することができるようになっています。

 

また、十分に比較を行ったうえで数社に絞り、これらの業者の店舗を順番に回ってゆくことによって本査定額を高くすることができます。

 

車を高く売る方法には様々なものがありますが、業者間で査定額を競わせるといったことが最も有効です。また、業者によっては査定額アップのキャンペーンを行っていることもあり、こうしたチャンスを利用することも良いといえます。